不動産担保ローンの魅力とデメリット


フリーローンは無担保で保証人なしでも、手軽に融資を受けることができるのが魅力ですが、金利がやや高くなるのと、融資枠が限られてしまうのが欠点です。
それに対して、不動産担保ローンは不動産を担保にすることで、フリーローンよりも低金利で、なおかつ融資枠も大きくなって融資を受けることができるようになります。
通常、金融機関が定めている融資上限内において、担保にする不動産価値の7割~8割程度程度までを上限に融資を受けることができます。
使い道は基本的に自由であることが多いです。
個人向けの不動産担保ローンであれば、不動産を担保に家を購入するという方が多いですよね。
また、事業者向けであれば、事業資金などに使うことができます。
不動産担保ローンはきちんと返済していくことができる限り、フリーローンよりも多くのメリットがあります。
ただし、返済が滞るようなことがあると話は変わってきます。
万一返済不能になれば、担保にしていた不動産を金融会社に差し押さえられてしまうことになります。
そうなると、担保にしていた家や土地などを手放さなければならなくなります。
このようなことにならないためにも、返済計画をしっかり立ててから、融資を受けることが大切です。
http://www.cemcorporation.jp/