交通事故損害賠償の心得、裁判基準での査定がベストです

長い間車を運転していると、人は誰しも一度や二度くらいは交通事故というものに遭遇します。
私も同様なんですが、過去に数回車をぶつけられたことがあります。
赤信号で停車中の車に後ろからごつんとやったことも、ただ一度ですがあります。
渋滞で車間距離を詰めすぎていたのが原因ですが、ぶつけた私が悪いので、すぐに示談としお金を支払いました。
軽度のものについては、警察を呼ばないで示談にするケースが多いのではないでしょうか。
私、思うのですが、これらの損害賠償で一番大切なのは、やはり法律に基づいて粛々と処理するということが大切なんです。
交通事故発生で警察ではなくって、保険会社の担当者が駆けつけた場合なんですが、まず、被保険者と保険会社が有利になるような査定をされます。
何回かそれを体験したので、以降は迷わずすぐに警察に連絡して事故扱いとしてもらうようにしています。
交通事故損害賠償の計算は、作成者によりその金額が大きく変動します。
相手からもらった示談書に安易にサインしないことです。
弁護士なりに裁判基準で査定してもらうのがベストです。