ILCは未来への懸け橋です。

皆さんはILCをご存知でしょうか?これは、国際リニアコライダー計画のことで、長距離の加速器をつくることで、最高エネルギーで電子と陽電子の衝突実験を行う計画なのですが、これが何がすごいかといいますと、宇宙創成や、時間の空間の謎、質量の謎に迫るものです。
こうした加速器は最先端技術が結集システムで、光速に近い素早さで衝突させると、陽電子は消滅して、エネルギーの塊が生み出されて、ビックバンが再現されます。
これがヒッグス粒子といわれているのですが、これを観測することによって、宇宙創成の謎がわかるわけで、様々なことがわかります。
この技術は様々なものに応用できて、医療や、情報通信、計測などへと多岐にわたるものまでできて、もしかしたらタイムマシンや、瞬間移動までできるようになるかもしれませんよね?まさに期待できる技術なのです。
日本の研究者もこうした研究を大きくはじめられていて、海外の研究者と密接に協力しながら研究を進めているわけで、今後の発展が楽しみですよね?こうした技術が気になる方は、ぜひ一度見てみてはいかがでしょうか?ILC-SEFURIのフェイスブックには実に詳しい情報が載っていますので、ぜひ一度参考にしてください。http://www.facebook.com/ILCSEFURI