本人確認書類の種類と取得方法

銀行口座を開設したり、クレジットカードの新規作成やキャッシングローンなどを借りる際には、本人確認書類の提出が要請されます。
これまでは、本人確認書類の必要事項が書かれた部分をコピーして郵送で提出するというのが主流でしたが、最近は、パソコンや携帯電話、スマートフォンを使って、本人確認書類のイメージデータをアップロードするだけで手続きができる仕組みも登場しているようです。
郵送代がかからなくなりますし、封筒に入れて郵便を出してというコストや手間が省けるようになるのがいいですね。
本人確認書類として代表的なのは、運転免許証やパスポート、健康保険証があります。
基本は、各書類の証明番号が確認できる部分と名前、生年月日、住所が確認できる部分が必要になります。
また、写真付きが要求されるケースもあります。